女王の教室 ついに“いじめ”が…

■また再放送やってた
先週、先々週と見逃してしまったのですが、今日の昼過ぎにまた再放送(ダイジェスト版)をやってたんで見逃した分をしっかりチェック。オフィシャルサイトでもストーリーはおっかけられるから別に見なくても大丈夫だったんですけど、一応。放送が終わったあとにサイトで公開されるストーリー紹介が、flashで画像ふんだんに使っててなかなかわかりやすいんですよ(更新する方は面倒かもな…)


■来週からは徐々に反撃…?
今日は主人公の女の子が一番底まで落とされちゃう回だったんじゃないかな。クラスの子を全員敵に回しちゃって、唯一味方になってくれる男の子も学校に来なくなっちゃうし。いじめられてとうとう逃げ出すとこまでいっちゃうんですが、でもそこからなんだかんだで持ち直して男の子も学校に来ることになります。来週は、あくまで中立的な立場だった女の子がほんとに味方になってくれるかも?という展開になりそうなので、すこしずつ反撃の機運が高まっていくんでしょう。最終的にどこへ向かうかはまだわかりませんけどね。
■いよいよ禁断の“いじめ”をとりあげちゃいました。
前回、女王の教室のことに触れたら「女王の教室」で検索してのアクセスが鬼のようにありました。やっぱこのドラマの反響はすごいんだなーと実感。今回の第五話ではついに「いじめ」が出てきます。しかも先生が「いじめはいじめられる方に非がある」という趣旨の発言をしちゃってるんで、これまた物議をかもしちゃうでしょうね。ただ僕も、いじめられる側も悪いとは言いませんが「がんばって欲しい」と思う人間なので今回のはアリかなと思ってます。いや、先生の発言よりも、いじめられてた子が自分の力でいじめを克服していくってのを、ドラマの中で見せてるってのがなかなかいいんじゃないかと。まぁ現実のいじめは大変だとは思いますけどね。

“女王の教室 ついに“いじめ”が…” への1件の返信

  1. ドラマ「女王の教室」

    このドラマの感想は、それこそいろんなとこで見れると思うのであえて書きませんが…
    一つ言えることは、見てない人は見といた方が良いっす。たぶんドラマ以外のとこでもおもしろい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です