無線で勝手にデータを送るSDカード

これ欲しい!

アイファイ、無線LAN内蔵のSDメモリカード「Eye-Fi Share」を年内に発売(BCN)

アイファイジャパンは12月3日、無線LAN機能を搭載したSDメモリカード「Eye-Fi カード」を国内向けに発売すると発表した。デジタルカメラの画像をPCに無線転送できる製品で、まずは、オンラインアルバムへのアップロード機能を備えた容量2GBの「Eye-Fi Share」を年内をめどに発売する。価格は9980円。

「Eye-Fi Share」は、付属の管理ツールソフト「Eye-Fi Manager」をPCにインストールし、無線LANと写真の転送先を設定して利用する。デジタルカメラで写真を撮影すると、設定した転送先に自動で送られる仕組み。転送先には、PCに加えてブログや写真共有サイト「Flickr」、大手SNS「Facebook」なども設定可能。PCへの転送や、オンライン上へアップロードができる写真の枚数は無制限。無線LANはIEEE 802.11g、OSはWindows Vista/XP、Mac OS X 10.3-10.5に対応する。



デジカメからデータを取り出すとき
毎回ケーブルをつないだり、
毎回SDカードを抜いて

リーダーに差し込むのは面倒でした。

このSDカードはなんと
カードの中に無線LAN機能を搭載。

無線LANの電波が届くところにいれば

PCやオンラインアルバムに

勝手にデータを送ってくれるらしい。

容量の割にはちょっと高めだけど
十分価値あるんじゃないかな。
マジで買っちゃいそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です