取締役のタネ明かし

先日、役員になったと書きました。

でも普通の会社の
それとは大きく違うので、
言葉ほどたいしたことはないのです。



フラットで小さな会社なので
主任、係長、課長、部長、次長、
そんな役職は一切ない。
だからリーダーの次は役員しかない。

それに、
グループの中の一社なので、
一社、一社が
大きな会社の事業部のようなもの。

すなわち社長が部長のようなもの。
自分は課長くらいですね。

でも責任だけは
しっかり役員クラス。

“取締役のタネ明かし” への8件の返信

  1. ◆ kobaさん
    取締役。言葉の響きはスゴイです(笑)
    確かに会社の業績に
    責任を持たなきゃいけないのは
    しんどいですねぇ。
    でも、その辺
    ・グループ
    ・上にまだたくさんいる役員
    に甘えられる環境。
    まだまだぬるいですね。

  2. 来年から僕の働くことになるとこも人数少ないですけど
    その分役員数も少ないですし、規模とか関係なく取締役
    ってのはすごいことなんだろうな〜って思います。
    その分責任も「さらに倍。」って感じなんでしょうね。
    それじゃきかないのかな。。
    お体に気をつけてがんばってください。

  3. ◆ サト氏さん
    うーん、どうなんでしょうねぇ。
    実際はすごいんでしょうけど、
    それはきちんとできてたらの話で、
    今のところ役割果たせてるかは疑問ですよ。
    がんばります。
    ◆ aki
    オヤジだよオヤジ!!
    そろそろ加齢臭の年代だよ。
    オヤジはオヤジらしくがんばります。

  4. おー 久しぶりに来てみたら
    あら ケンタ取締役になったのね
    昇進やん!おめでとう!!
    たくさん障害を乗り越えてケンタならできるわ!
    だってココイチでカレーめっちゃ食ってたもんな!

  5. ◆ タケ
    ありがとう。
    タケに負けじとがんばってますよ。
    ってなんでまたカレーやねん。
    タケの中の俺の記憶って
    全部そんな感じやねんなぁ(笑)
    ◆ なご
    もうね、ジャスサーですからね。
    もうアラフォーに向けてカウントダウンですから。
    早いもんです。

aki にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です