ズームってそういう意味なんだ

運動会で活躍するこどもの笑顔がスルスルとアップになって
「シャッターチャンスを逃さない。光学○○倍ズーム!!」
なんてシーンをCMなんかでよく目にします。そういうとき遠くを写せる望遠がウリになってるので、てっきり「ズーム」って「望遠」のことだと思ってました。


◆”変えられること”が”ズーム”
望遠と、その逆の「広角」をスムーズに切り換えられることをズームと言うそうな。つまり”画角を変えられる”ってこと。ズームってのは望遠だけに限らずで、広角のズームも存在するんだねぇ。
◆単焦点レンズ
逆にズームできないレンズが単焦点レンズ。ズームの方が便利なんだけど単焦点の方が構造が簡単になる分、コスト、重量、大きさ、写りでズームに勝る事が多いみたい。写ルンですなんかもズームがないから、あれも言ってみれば単焦点。
◆焦点距離
どれだけ遠くを写せるか、広く写せるかは焦点距離を見ればわかる。焦点距離が長いレンズは望遠。例えば焦点距離の表記が200mmとか300mmとかのレンズ。逆に短いレンズは広角。18mmとか。ズームレンズは一本で焦点距離を変化させられるので28mm-200mm等と表記される
◆高倍率
“高倍率ズーム”っていうのは、遠くのものを大きく写せるのかと思いきや、これまたちょっと違う。ズームレンズの望遠と広角の差が大きいのを高倍率ズームと言うらしい。だから例えば望遠に強い100mm-300mmレンズより、望遠に若干劣る50mm-200mmレンズの方が高倍率。前者は3倍ズーム(300÷100=3)、後者は4倍ズーム(200÷50=4)ですね。

“ズームってそういう意味なんだ” への4件の返信

  1. どうも。
    相変わらず興味があることには勤勉ですね。
    俺のは一眼レフじゃないですけど、また対決しましょう。

  2. ◆ノザケン
    興味があることには、てどういう意味やねん。
    けっ。
    >一眼レフじゃないけど
    でも1,000万画素&超ズームは強力だったな。
    レンズ買って対抗せねば。

  3. ケンタさんったら、その知識、今頃か?!w
    去年の今頃の時点で知ってなきゃダメでしょっ!
    って、私もぼんやりとしか分かってなかったけど……(汗)
    でも、さすが、非常に分かりやすい文章で
    感心してしまいました。
    メーカー側のサイトやパンフの説明って
    シロートには分かりづらいよねぇ。
    専門的かはしょりすぎかどっちかなんだもん。

  4. > その知識、今頃か?!
    そうなんすよ。でも勘違いしてても全然話通っちゃうから気付かない。同じように勘違いしてることにさえ気付いてない人、実はけっこう居るんじゃないかなぁ。
    >去年の今頃の時点
    某人気メーカーのカメラのサイトやってましたからねぇ。
    >専門的かはしょりすぎかどっちかなんだもん。
    へへっ。その辺の間をうまく埋めたいってのはやっぱりありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です