ケータイ付きカメラ

ついにこんなのが出ちゃうんですね。
世の中にカメラ付きケータイが普及するのを見て「そのうち“ケータイ付きカメラ”が云々」なんて仰ってた方々、おめでとうございます。
と軽く毒突いてみる。
まぁ、いつ出るか分からないし、日本で出る可能性は今んところなさそうですが。

“ケータイ付きカメラ” への5件の返信

  1. 例えば、bluetoothや無線LAN内蔵のデジカメが売れないのは、
    カメラ付きケータイ(ケータイ付きカメラ)の方が便利だから、
    ってのが重大な原因だったりしますよね。
    今後、デジカメをデジカメとして売るには、
    よっぽどのマニアックさがないとだめってことなんだろな。
    kobaさんが買ったような一眼レフとか、
    めちゃくちゃ小さくて薄いとか。
    で、カメラの次は音楽再生ですね。
    「ケータイ付きiPod」は現実的です。
    iTuneに接続できる、ハードディスク内蔵ケータイなんかは、
    すぐに発売されるでしょうし。
    と、長文失礼しました〜

  2. > bluetoothや無線LAN内蔵のデジカメが売れない
    パソコン側がまだまだ対応してないから、てのもあると思います。もしUSB並みにbluetoothがパソコンに標準搭載されていれば、逆に、対応してないデジカメは売れない、そんな状況になる気がします。
    データ転送できるクレードルがあればいいんですけど、ケーブルつないだりカードを出さなきゃいけないデジカメ使ってると「あぁ無線で転送したい」と思いますねぇ。
    >デジカメをデジカメとして売るには
    これは画質や撮影機能しかないでしょうね。大きさ、軽さを追求すると、デジカメを持たなくていいっていうのが究極です。ケータイが必携となった今、カメラ付きケータイはまさにそれにあたります。
    > ハードディスク内蔵ケータイ
    これは出そうですね。カメラの画像を保存するにも便利だし。ハードディスクとフラッシュメモリ、今はどっちが優勢なんでしょう?

  3. > パソコン側がまだまだ対応してない
    確かにそれも大きいですね。
    ただ、無線の最大の課題っていうのは、接続先を特定する手間だと思ってます。
    ケーブルならつなげたいPCに物理的につなぐから安心感もありますが、無線って、実際のところ何とつながってるのかを明示的に示すのが難しいんですよね。
    あと、設定の手間ももっと簡単にならないと、普及は難しそう。例えば、デバイス同士を一度触れさせると無線でつながってくれるとか、その種の使いやすさも必要かなと。
    > ハードディスクとフラッシュメモリ
    現状のケータイの使い方では、読み書きの高速性とか耐久性とかの条件でフラッシュメモリばかりが使われてますが、音楽再生やビデオ再生とかの用途が広がってくると、容量単価が安いハードディスクを搭載するタイプが普通になるかもです。
    でも、どうやらハードディスクの小型化もそろそろ限界にきてるようで、しかも、小さくなればなるほどフラッシュメモリとの差別化が難しいみたいです。
    って、またまた長文失礼しました〜
    こういうネタになるとつい長くなっちゃうな・・・(苦笑

  4. みんな性能よりは気軽に手軽にってのがいいんでしょうね〜ちょっと違うけど「写るんです」が爆発的に売れたのといっしょかなぁ・・・違いすぎた?汗
    >ハードディスク入り携帯
    1mの高さからアスファルトに落とされるような使われ方を考えるとフラッシュメモリーのがいいような。

  5. >接続先を特定する手間だと思ってます。
    そうそう!この前、うちもそこで苦戦しました。ずんが「これがあればよかったのに…」と言ってたのがこれ↓
    ■AOSSボタン
    http://buffalo.jp/aoss/function.html
    簡単そうです。ウチのは若干古くてボタンが付いてませんでした。
    >どうやらハードディスクの小型化もそろそろ限界にきてるようで
    そうなんですよ。時代はハードディスクへ!…かと思いきや、そうはならなそうなんですよね〜。どっちでもいいので便利に(そして安く)なってくれれば文句はないですが。
    >写るんです
    気合入れてカメラを持ってかなくても…てとこは同じですね。気軽に画像でコミュニケーション、てのは思いのほか一般ユーザに浸透しましたね。
    > 1mの高さからアスファルトに落とされるような使われ方
    なんかスゲー乱暴者みたい(笑)

ハヤシ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です