“トリーサン”じゃなかったのかよ

先日打ち合わせで、あるお客さんから「『サンリオ』の由来は『山梨の王になる』から来ている」と聞いた。でもどうやら違うらしい。スペイン語で「聖なる河」という意味なんだそうだ。
→サンリオ「社長挨拶」
ググってみたところ「サンリ王」の方も「普及」しちゃってるらしく、そう解釈してる方はわりと多いみたい。
そんな感じで調べてたら自分の思い違いも発見。サントリーの由来は創業者の「鳥井さん」の「さん」と「とりい」をひっくり返したものだと、中学校で先生に聞かされて以来ずっと信じてました。
でも実際は、サントリーがまだ「寿屋」だったころの主力商品、赤玉ポートワインの「赤玉」を太陽(サン)と見立て、そこに創業者の名前をくっつけてサントリーとなったそうです。
→サントリー「お酒・飲料大辞典」
鳥井さんは鳥井さんだったのですが違ったようです。ちょっとショック。

思わず話したくなる社名&商品名の謎―なぜか気になる社名・商品名の由来760
田中 ひろみ
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る


誰かに教えたくなる社名の由来〈Part2〉
本間 之英
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

““トリーサン”じゃなかったのかよ” への9件の返信

  1. ◆サントリーの名前の由来◆
    そうそう!!私も先生から聞いたんだと思う!
    どの先生かは忘れたケド・・・(・・、)

  2. 僕もサンリオは山梨の王とかって聞いた記憶があります。リンク先読んでみましたが聖なる川はかなり無理があるような・・体裁立てるための後付けくさくないですか?
    ソレ系の話しで既出じゃ無いのは・・ジーンズネタかなぁ。
    「江戸勝→EDOWIN」
    「小太郎→BIG JOHN」
    エドウィンはまんま(?)英訳しただけ笑
    ビッグジョンも実は英訳、「小太郎」は創業者の名前で英訳したとき「小」だと縁起が悪いので「大」にして「ビッグ」、で「太郎」は日本で普通な名前でそれにあたる名前を英語で探しそれが「ジョン」ということになったらしい。

  3. >サントリー
    え!?違うかったんですか!?ショックです!
    中学生のときに、大阪市内から大山崎のウイスキー工場までちゃりんこで行ったときに
    「鳥井さん、来たぜ」と思っていたのに!!
    ショーック!w

  4. > 「鳥井さん」の「さん」と「とりい」をひっくり返したもの
    3回くらい読んでやっと意味が分かりました。
    (私ってヴァカ・・・orz)
    初めて聞きました。
    創業者がトリイさんだというのは、テレビや本で聞き知ってましたが、「ひっくり返した」というのは初めて聞きました。なるほど、そういう風にも取れるなぁ。
    ふーん、そういう説もあったんだ。へぇ〜〜
    >ハヤ氏
    > 「江戸勝→EDOWIN」
    EDWINやっちゅーねん。笑

  5. >ハヤシさん
    >体裁立てるるための後付けくさくないですか?
    確かに僕もそれは思いました。サントリーももしかしたらそうかも。でもオフィシャルに載ってしまうとそれが「正解」。ホントは違うとしても、うちらは「へぇ〜」と言ってあげるしかないですね(苦笑)
    >ジーンズ
    小太郎の話は知りませんでしたね。へぇ〜×15
    >けんごさん
    >「鳥井さん、来たぜ」と思っていたのに!!
    ん?鳥井さんは鳥井さんだからいいんじゃないですか?w
    >のりこさん
    >3回くらい読んでやっと意味が分かりました。
    僕もどう文章で説明しようか悩んだんですよね。ひっくり返すって言うよりは、「鳥井さん鳥井さん鳥井…サントリー!」の方が分かりやすかったかな?

  6. 「鳥井さん」だと思い込んでましたわ。。。
    こういうネタって、まことしやかに広まりますもんね。
    まさに、「ガセビア」だわ。。。

  7. >NIKOさん
    >「鳥井さん」だと思い込んでましたわ。。。
    やっぱりNIKOさんもそうでしたか。僕らからしてみれば赤玉うんぬん言われるよりも、「鳥井さん」の方がネタとしてはおもしろいですしね。
    >ミサちゃん
    いらっしゃい。でもそのコメントちょっと怖いよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です