仕事: 2005年7月アーカイブ

調布の斎場。短い間だったけれど職場を共にした彼の通夜に参列した。

故人のことをとやかく言うのは良くないけれど、正直ほんとに頼りない人だった。言われたことをそのまま行動することしかできない。まったくガキの使いやないんやから…。よし、俺がどんどん突き上げてがんばってもらわなきゃ。人は余ってないんやから。今日はどうしたんやろ?お休みかな。夕方やっと戻ってきた上司から告げられた、にわかには信じ難い事実。

斎場に響く次女のぐずる声。努めて気丈に振る舞う夫人。頼られていた彼は、もうそこには居ない。

謹んでご冥福をお祈りします。

明日提出のデザイン4ページ、未だ一枚目をぺちぺちやっとります。普通ならお泊りコースですが、なぜか電車で帰宅の途であります。

実は明日10時から、先日のミスを謝りにいかにゃあならんので、プーさんTシャツ着用ではあまりにリスキー!一旦帰って始発で来ようという、これはこれでまた無謀な企み。

果たして起きれるのか?そして仕事は締切に間に合うのか?

検索

拍手ランキング

つぶやき

あわせて読みたい

ブログチャート

ウェブページ

アーカイブ