「理由」宮部みゆき

| | コメント(13) | トラックバック(1)
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 add to del.icio.us tweet

理由
ブレイブストーリーのアニメ映画化が(ムリヤリ?)盛り上がりつつある今日この頃。映画化が決まってから読むのはなんだかシャクなので、ちょっと違うところから宮部ワールドを覗いてみることに。

* * * * *

あるマンションの一室で3体の惨殺死体(+外にも1体)が発見されるという凄惨な殺人事件。最近では現実世界でもあまり珍しくない、そんな気がしてしまう事件。報道を通してしか知ることの出来ない一傍観者の立場からは、事件の全貌を、真相を一から十まで知り得ることはまずない。報道されている内容も真実ではないかもしれないし、極端な話誤認逮捕でも確かめようがない。

本書の、事件とはさほど関係ない(ように見える)家族の世界まで事細かく描き出し、徐々に事件の真相にせまっていく手法は個人的にかなり気持ちの良いものでした。新聞なんかでセンセーショナルな見出しに食いつかされて「真相は闇の中だ」なんて突き放されてはフラストレーションがたまるばかりですが、本書では(現実の事件ではないにせよ、かなりリアルな仮想事件において)その細部までしゃぶり尽くすことができる。ただレビューを読むと賛否両論あるようで「説明が長すぎる」なんて声も。

後で分かったんですがこの「理由」も映画化されてるんですね。観たいかも。宝生舞!最近見ないなぁ。
理由 特別版

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「理由」宮部みゆき

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.acave.net/mt/mt-trckbck.cgi/442

先週からひきはじめた風邪ですが・・・まだ治りません。週末が一番ひどかったです。家の中で腐ってました。いつも風邪をひいた時に思うのですが、なんでデブなのに身体弱いんだ?... 続きを読む

コメント(13)

これ読みました!っていっても、内容はすっぽり頭から抜けてますが・・・。

この人の小説。全般的に面白いですよね〜。

ありゃ、まだ書きかけだったのに公開されてた(汗)
あとで続き書こうっと。

◆ kobaさん
この本、けっこう読んだ人多いみたいですねぇ。
あんまり本読む方ではないので、乗り遅れまくってます(笑)

小説と映画見たよ〜!
映画版は小説を忠実に再現しようとしていて、よく出来てるとは思うんだけど、
私にはちょっと(くっどくって疲れた)…。
私は小説版の方が好きです!

◆ みっちょん
> 小説と映画見たよ〜!
おおっ!すげっ!!

> 私にはちょっと(くっどくって疲れた)…。
> 私は小説版の方が好きです!
そうなんだ。なんとなく映像で見る方が楽に見れるのかなと思ってたけど、そうでもなかったんやね。でもどんだけくどいのか見てみなきゃ!

小説は宮部みゆきから入った口です。

>「理由」
あーまだ読んでないので今度読んでみます。「模倣犯」を今ごろ読書中…。

これ最近古本屋で買って読んだよー
で、いつも思うのが「別に殺すまでしなくてもいいじゃん・・」です。
殺人がないけど読み応えのある小説ないかなあ・・

宮部みゆきはかなり好きで、
ほぼすべての作品を読みましたよ。
(あ、「ブレイブ・ストーリー」未読だ)
人間の心の光と闇を浮かび上がらせるような結末が多くて、考えされられます。
その中でも、この「理由」って結構重たい話だったような…

作者は東京の下町出身なので
推理小説も時代小説も
下町が舞台になっていることが多いんですよね。
いま自分が住んでいる場所が
まさに小説の舞台になっていたりするので
親近感が沸きます。
そんなこともあって結構好きな作家です。
でも映画は観たいと思わないなぁ。なぜかしら。

いつも長いコメントでスミマセン^^;

映画版はちょっと変わった展開でわりとおもしろいなあと思いました。
いろいろとキャストがでてるのもちょっと話題になった1本です。

でも小説読んでないんで映画版だけの感想ですが。

僕も今年の2月くらいに読みましたよ〜。
それにしても、読んでる人多いですねぇ。
「ブレイブストーリー」や「模倣犯」も読んでみたいのですが、上中下だったり、5巻?まであったりで、なかなか決断できません。

内容量の多い小説の映画化は、なかなかうまくいかないものらしいです。「ダヴィンチ・コード」しかり。むしろ、紙面媒体では数ページしかないものが、映像化によっておもしろくなったりするみたいですね。

おおおっこんなにたくさんのコメントがっ!!
やっぱ宮部みゆきさんってスゴいんだぁ、と突然「さん」付け。

◆まなぶさん
> 小説は宮部みゆきから入った口です。
ここにもみゆき族がっ!(違)

>「模倣犯」を今ごろ読書中…。
模倣犯は映画をちょっとまえにテレビで見ました。
なんかイライラしたなぁ。中居(ス)だからかなぁ。

◆ nariちゃn
> これ最近古本屋で買って読んだよー
おおっ。実は俺もブックオフで買いました。。。

> で、いつも思うのが「別に殺すまでしなくてもいいじゃん・・」です。
> 殺人がないけど読み応えのある小説ないかなあ・・
うーん、今回は死んでいいんじゃないかなぁ。
ただ刺激を与えるためだけ、アクセントを付けるだけの死はいただけないけど、
死ってみんなあんまりわかんないから、興味あるのはしょうがないよね。

◆ aoiさん
> 宮部みゆきはかなり好きで、
> ほぼすべての作品を読みましたよ。
ヤノシタさんに聞いた〜。彼女も昔この本読んだって。

> その中でも、この「理由」って結構重たい話だったような…
そうなんだ。じゃ、もっと明るい作品も多いのかな。

> 作者は東京の下町出身なので
> 推理小説も時代小説も
> 下町が舞台になっていることが多いんですよね。
うんうん。彼女の基本的スタンスに
「金持ってなくても地に足付いた生活に幸せが」
「金持ってても、身の丈に合わないのは不幸せ」
ってのがあるみたいですね。
ほかを読んだことないので、他人のレビューからそうなのかなと思っただけですが、
少なくとも「理由」にはそういうのいっぱい出てきますね。
自分も地べた系なのですんなり読めてしまいます(笑)

> いま自分が住んでいる場所が
> まさに小説の舞台になっていたりするので
> 親近感が沸きます。
うんうん。ウチもわりと近い方ですねぇ。
登場人物の誰かんちがかなり近かったような。

> そんなこともあって結構好きな作家です。
> でも映画は観たいと思わないなぁ。なぜかしら。
原作が好きだと、普通は映画観たくないですよね。
僕も、amazonのレビューを見たら悪くなかったから
ちょっと観てみたいかなと思ったのかも。

> いつも長いコメントでスミマセン^^;
いいえぇ。長いの大歓迎です。
その為にコメント文字制限かなり緩くしてありますから。
こちらこそ、このブログ書き込み前の「確認」できなくてスイマセン。。。

◆ ハナオトコ君
> 映画版はちょっと変わった展開でわりとおもしろいなあと思いました。
> いろいろとキャストがでてるのもちょっと話題になった1本です。
さすが映画はチェックしてるねぇ〜。
たしかにキャストは豪華?だね。ちょっとビックリ。

> でも小説読んでないんで映画版だけの感想ですが。
小説自体もちょっと変わってるかも。
ドキュメンタリー風?なんだよね。
それをファミリードラマ仕立てに変えずに、
そのままやるってんで映画化OKが出たんだとか??

◆ hiro-cl-さん
> 僕も今年の2月くらいに読みましたよ〜。
> それにしても、読んでる人多いですねぇ。
おおおおっ!!いや、ホント多いよね。驚いた。
でもこんなにたくさんの人と同じものの話を出来るのはすごく楽しい!

>「ブレイブストーリー」や「模倣犯」も読んでみたいのですが、上中下だったり、5巻?まであったりで、なかなか決断できません。
うんうん。確かに一冊完結ならブレイブストーリー買ってたかも。

> 内容量の多い小説の映画化は、なかなかうまくいかないものらしいです。
なるほど。全部入れようとすると無理が来るだろうし。
原作が短ければ、映画の制作者が自分のやりたいことを盛り込む余地が多いから
イキイキ作れるのかも…?

昔一時期はまってたので結構読んでるなぁ。
色んな技法で書ける人だよねぇ。
ブレイブ・ストーリーも「へー、こんなのも書くんだ」という感じでした。
映画化だなんてこんなに話がでかくなるとは!!
最初に読んだからか、パーフェクト・ブルーとかRPGとか面白かった記憶があるけど、内容は忘れてます。
「模倣犯」は映画を見て呆れるを通り越して笑っちゃいました。
やっぱり細部まで描写された長編小説を映画にするのは失敗する場合が多い気が・・・。

おっとついつい熱が入って書き込んでしまったー。

◆ naoさん
すいません、レス遅くなりましたー!

> 昔一時期はまってたので結構読んでるなぁ。
> 色んな技法で書ける人だよねぇ。
> ブレイブ・ストーリーも「へー、こんなのも書くんだ」という感じでした。
ここにもみゆきファンがっ。
みんな彼女の文章力を褒め称えるんですよね。
僕にはそれを実感できるほどの本読み経験値がないですが…。

> 映画化だなんてこんなに話がでかくなるとは!!
映画化は結構前から決まってて、その時にすぐ買おうと思ってたんですが、
例のごとくずるずると…。

> 「模倣犯」は映画を見て呆れるを通り越して笑っちゃいました。
やっぱそうなんだ。
だとすると原作を改めて読む価値アリってことか。

今もフジテレビで映画の宣伝番組やってますね。
金かかっ…いや、気合い入ってるなぁ〜。

コメントする

検索

拍手ランキング

つぶやき

あわせて読みたい

ブログチャート

ウェブページ

アーカイブ