名古屋の味噌煮込み@秋葉原

| | コメント(6) | トラックバック(0)
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 add to del.icio.us tweet

昨日、カシオのサポセンにフラッシュが点かなくなったデジカメを預けに。そのついでに以前から気になっていた味噌煮込みうどんを食べて帰ることにしました。

山本家総本家の神田和泉店。元は名古屋のお店で、わりと最近東京進出を果たしたようです。場所が秋葉原ということで、汗まみれのメガネデブ(偏見)に混じって煩雑な店内で食すというのを思い描いていたんですが、秋葉とはいえだいぶ電気街から離れた場所で、店構えもとっても上品な感じ。

この店の場所が曲者で、かなり見つけづらい場所にありました。唯一の目印が控えめな緑の暖簾。ボーっとしてたらそのまま通り過ぎちゃうのでご注意を。凸版印刷本社のビルが道を挟んで二棟あるんですが、その南側の方の建物の西側にあります。(建物に沿った路地から、さらに細い路地にちょっとだけ入ります)

お昼時だったんで、お昼休みの社員さんたちが若干並んでました。カウンターに案内されて親子煮込み(卵と鳥がプラスされます)とご飯を注文。結構味が濃いらしいのでご飯も注文。注文時に、そばアレルギーがあるかたずねられました。打ち粉に蕎麦粉を使ってるそうです。

注文受けてから作るらしく、注文してから少なくとも10分くらいは待ったかな?というところで、ぐつぐつ煮立った土鍋が運ばれてきました。あとで調べて知ったんですが、この土鍋のふた、湯気が抜ける穴が無いそうです。そのふたを取り皿に使うのが通な食べ方?なんだとか。そういえば隣の女性がそうやって食べてましたね。

最初卵が見つからなかったんですが、下のほうに沈んじゃってたようです。とき卵でとじるのではなく、ぽとっとそのまま割り落としてるんですね。鳥と卵以外には、揚げ、かまぼこ、ねぎが入ってます。味はやっぱり濃い目。うどんがすごくしっかりしてて歯ごたえがあります。このぐらいしっかりしてるから、この濃い味付けでも味が染みすぎちゃったりしないんでしょうね。

お土産用のうどんが630円で売ってたのでご購入。しめて2000円ちょいと高い昼飯になってしまいました。この値段のせいもあるかもしれませんが「おいしいっちゃおいしいんだけど、そこまで…」という印象があります。以前、名古屋で食べた味噌カツ@矢場とん(このお店も東京進出してますね)も、味噌じゃないほうがおいしいのかも…と、“大満足”にはちょと届かない。要は「名古屋名物だから」的に自分を納得させているのではないかと。味噌味自体は好きなほうなので、そこが原因でもない。いや、おいしいんですよ。でもあとちょっと何かが足りない気が。単純にもう少し安ければ、それでいいのかもしれない。うーん。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 名古屋の味噌煮込み@秋葉原

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.acave.net/mt/mt-trckbck.cgi/329

コメント(6)

味が濃い物をダケを食べちゃうとそう言う気持ちになるかもしれないですね、お勧めは天むすと味噌煮込み!

> KKさん
あー、天むすいいですねぇ。
今度行ったときは食べてみます。

でも・・・おいしそぉ・・じゅる

> なりちゃん
うん、寒い季節なんかはまたいいだろうねぇ。七味をたっぷりかけたりして…

誰か助けてください

>西川さん
うーん…
助けようにもなんとも…

コメントする

検索

拍手ランキング

つぶやき

あわせて読みたい

ブログチャート

ウェブページ

アーカイブ